【静岡グルメ】東海道旧丸子宿名物「丁子屋さん」のとろろ定食レビュー

歌川広重の東海道五十三次、20番目の宿場である丸子宿にも描かれている名物丁子屋のとろろ汁。

f:id:saichan1978:20160919201007j:image

この地には昔から自然薯が採れ、次の岡部宿までの険しい宇津ノ谷峠を越えるために、旅人は、精がつくこの自然薯を食したと言われています。

f:id:saichan1978:20160919202431j:image

丁子屋さんは、正に浮世絵の世界を現実の世界に再現したかのようなたたずまい。

f:id:saichan1978:20160919200955j:image

一歩入ると江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。

f:id:saichan1978:20160919201113j:image

そんな丁子屋さんにてランチをしてきましたので少しレビューを書きたいと思います。

f:id:saichan1978:20160919201215j:image

今回は、松と竹を頼んでみました。

あまり待たずに来ました。

f:id:saichan1978:20160919201305j:image

さっそく麦飯に掛けて一口食べてみました。

f:id:saichan1978:20160919201353j:image

自家製味噌を混ぜてるそうでとても上品で美味しかったです。

岡部揚げという自然薯の揚げ団子みたいなものも初めて食べてみました。

f:id:saichan1978:20160919201526j:image

山葵塩を付けて食べました。

中はトロっとしてこれまた美味しい。

味噌汁には、シラスの固めたものが入っていました。

f:id:saichan1978:20160919201634j:image

最後にデザートは、きな粉のおはぎです。これも小ぶりで上品です。

f:id:saichan1978:20160919201732j:image

岡部揚げとデザートは、竹にしか付いて来なかったので半分ずつ分けました。

麦飯は、おかわり自由です。

天井には、歌川広重の版画が飾ってあります。

f:id:saichan1978:20160919202034j:image

帰りにレジの前にあるすり鉢で記念撮影もしてくれるので静岡に来た記念にぜひどうぞ。

f:id:saichan1978:20160919202134j:image

静岡に来ることがあったらぜひ丸子の丁子屋さんで江戸時代の気分に浸りながらとろろ汁を食べてみてください。

当時の貴重な品々も展示しています。

f:id:saichan1978:20160919202352j:image

味ももちろん美味しいし、量も満足できました。また、この近辺の地場産品を使った郷土料理を出していただけるので他では味わうことのできない貴重な食事ができると思います。

コメントを残す