糖質制限ダイエットにはココナッツオイルでケトン体を作ろう

ども@saichan1978です。

糖質制限ダイエットで大事なことは、良質なタンパク質と脂質を摂ることだそうです。

食事の最善の取り方は、なんと言っても偏りなく、色々なものを取り入れることです。

でも、糖質制限ダイエット中には、過タンパク質、過脂質になりがちなんですよね。

あまりに偏った食生活になり過ぎると体調を崩すことになり兼ねません。

今回は、ダイエット中に摂るべき、良質な脂質をご紹介します。

油には、良い油と悪い油がある

体に悪い油の代表は、トランス脂肪酸というやつですね。

マーガリンが有名です。

欧米などでは、人体に大変害があるものとして、マーガリンの販売が禁止されているそうです。

普段、気をつけていても外食で摂取する機会も多くなります。

また、お菓子なんかにもたっぷり入っているようなので気をつけたいものですね。

我が家では、朝食にトーストをよく食べますが、バターかココナッツオイルを塗って食べています。

また、パンもできるだけ全粒粉にしたり白い小麦粉で作ったパンは食べないように心がけています。

話がそれましたが、次に良い油の話をしたいと思います。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸について

飽和脂肪酸は、肉や乳製品などの主に動物性の油脂が含まれ、摂りすぎるとやはり、悪玉コレステロールが増えるため、体に良くありません。

ただし、ココナッツオイルのような中鎖脂肪酸と言って上記の油とは、逆の働きをする良い油もこの飽和脂肪酸に含まれます。

ココナッツオイルは、糖質制限ダイエットに有名なケトン体をつくり、脂肪燃焼を加速させるのだという。

f:id:saichan1978:20160915123619j:image

一方、不飽和脂肪酸には、3種類の油があり、これらは、体内で作ることが出来ないため、食べ物から摂取する必要があります。

オメガ3

主にえごま油やアマニ油がこれに該当します。熱に弱いので生で摂るのが良いそうです。

僕は、アマニ油をスプーンひとさじ毎日舐めてます。

最近では、脳が成長し始める1歳児に与えることで頭の良い子に育つという話もあるので子供にも与えています。

油を直接口に入れるのは美味しくないし苦手という方もいると思います。

油は、口の中をきれいに洗浄してくれて、歯に塗り込めば、虫歯予防や美白効果が、唇がうるおうことでリップ代わりにもなります。

これならなんかやってみようかなと思いませんか。

f:id:saichan1978:20160915123554j:image

オメガ6

ゴマ油などがこれに該当します。料理に使いますが、これもどちらかと言うといかに控えめに摂取するかというとこです。

オメガ3と6の理想的な摂取比率は、1:4だそうです。

オメガ9

オリーブオイルなどがこれに該当します。僕らは、炒め料理には、基本的にオリーブオイルを使います。熱にも強いためです。

また、生野菜サラダにもマジックソルトと混ぜて、ドレッシングとして使ってます。

簡単なのでおすすめですよ。

f:id:saichan1978:20160915123517j:image

というわけで、油は、必ず摂取するものです。その特性を知って、効果的に摂取することで、美容と健康に良い生活習慣を身につけましょう。

コメントを残す