新幹線ひかりは静岡に止まらないのもあるので注意

注意
この記事を見ている方はもしかしたらすでに新幹線に乗ってしまい焦りながら見ているかもしれません。取り急ぎまずは、下記リンクから時刻表をご確認ください!

率直に言うと東京から下りの新幹線ひかりで静岡に止まるのは1時間に1本。もう1本は止まりません。2分の1の確率です。

参考 東京 ひかり | JR東海道新幹線 | 名古屋/新大阪方面 時刻表NAVITIME

では、落ち着いたところでここからは僕が経験したエピソードをお話します。

余裕のある方は今後の参考にぜひ読んでみてください。

先日、東京から新幹線ひかりに乗って静岡へ帰ろうと一番早い時間に発車する新幹線に乗り込みました。席について品川を出たあたりで車掌さんが切符の拝見に来たのです。

すると、僕の切符を見て車掌さんが、「この新幹線は、豊橋まで止まらないんですよ!」と言いました。

僕は、青ざめてしまいどうしたら良いかとまどってしまいました。しかし、その車掌さんは、僕の切符にメモ書きとハンコを押してくださり、「折り返しが出来るようにしときますね。」と言ってくれました。

その車掌さんは、豊橋で新幹線を降り、静岡で止まる上りの新幹線に乗り換えれば良いと教えてくれたのです。

往復で40分くらい多く時間が掛かりましたが、車掌さんの親切な対応とまだ終電でなかったおかげで無事に帰って来ることができました。下手したらお金を払わなければならないところだったのに神対応ありがとうございました。

最近は、一部のマナーの悪い客が、駅員さん相手に暴言や暴力を振るうような事件がたくさん報道されます。皆さん誠意を持って対応してくれてることに対して自分の不都合をぶつけてはいけないですよね。

先日は、大型台風で空港に足止めを食らってその後の職員の対応が悪かったなんて報道もありました。

揚げ足を取るのではなく困った時こそお互いが自制し合って協力をしなければいけませんね。

話は逸れましたが、東京から下りでひかりに乗る時は、静岡に止まるか確認を忘れないでください。

特に急いでいる時ほどですね。

まとめ

MEMO
東京から下りの新幹線ひかりに乗る時は、2分の1の確率で静岡には止まらない

コメントを残す