クアトロテストの結果が陽性だったことについて!

SHARE

クアトロテストの結果が陽性だったことについて!

先週採血したクアトロテストの結果が出たので妻と聞きに行って来ました。

先生からさっそく言われたことは、結論から言えば確率が高いとのこと。

通常33歳で1/295の確率というのが基準値になっているそうでそれより高ければ陽性、低ければ陰性という結果になるそうです。僕たちの結果は1/150ということで37歳の平均値である1/185よりも高く、38歳の平均値である1/145よりはやや低いという結果でした。そして陽性と陰性の判断基準である1/295よりも圧倒的に高いということになります。

ただ、結果は結果なので先生は、羊水検査をするのならという話をされました。

ここからは僕らなりの見解です。

クアトロテストの結果が陽性だからといってただちに疑いアリというわけではない。

最初に聞いた時は少し衝撃を受けましたが後で色々と調べたところ、先生もおっしゃってましたが、僕たちの1/150という数字は、150回出産した場合に1度、出産する確率があるということ。

1/295の場合もしかり。つまり一般的には、295回に1回くらいの割合なら確率が低いと定義しているだけであってそれを低いと考えるかそれでも高いと考えるかは本人たち次第ということ。

もちろん僕たちの結果である1/150という数字もそういう意味であり、ただちに今宿している子がそうだという意味ではなく1/150の確率でそうかもしれないけどその確率は一般的には高い方だよということだと僕たちは理解しました。

東尾理子さんはこのクアトロテストの結果が1/87ということを公表して話題になりましたが、実際に出産したところ、そうではなかったそうです。

僕たちも色々考えましたが、羊水検査をして流産するリスクが1/300あるという話だし妻が怖がっていることもあり、羊水検査を受けるつもりはありません。

ありのままの赤ちゃんを受け入れる覚悟をしつつ出産に望みたいと考えています。

欧米では、どんな子が生まれて来てもそれはその子の個性だと考えるようなので僕たちもその子の個性を尊重して大切な命を大事にしたいと思ってます。

今の時期まで来ると我が子はどんどん成長しているのがわかります。

とてもこの時点でどうこうする気にはなれませんね。

追記

結果としては生まれて来た赤ちゃんはそうではありませんでした。正直ちょっとほっとした部分もあります。生まれるまでは色々と他のことでも心配毎は山ほどありましたが、とにかく母子共に無事に元気で生まれて来てくれたことに感謝です。

もしこういった検査を考えている方がいたら、このクアトロテストはあまりおすすめできません。この検査はあくまで色々な条件を元に算出された確立を数値化して出すだけのものだと思います。白か黒かはっきりさせるためにはやはり羊水検査しかないと思います。

あくまで僕の個人的な見解です。色々な方の意見もご参考にしてみてください。

コメントを残す