MT4によるFXの自動売買EA「一本勝ち」の運用成績公開中!

大相撲アクロバットな技を繰り出す宇良(うら)和輝がおもしろい!

皆さんは、宇良こと宇良和輝という力士をご存知ですか?

マツコデラックスさんと有吉さんの番組なんかでも取り上げられたので知ってる方も多いかと思います。

f:id:saichan1978:20170119220845p:plain

力士プロフィール – 宇良 和輝 – 日本相撲協会公式サイト

この人、力士でありながらバク転ができたり、レスリングの経歴があってレスリングぽい技を繰り出したりと結構前から話題になっていたそうなんです。

僕は最近YouTubeで初めて知ったんですがとても見てて興奮する相撲を取るんです。

ニュースでも結構取り上げられてます。

大相撲初場所13日目の十両の取組で、宇良が珍しい決まり手の「たすき反り」で勝ちました。日本相撲協会が決まり手を発表するようになった昭和30年の夏場所以降、十両、幕内通じて「たすき反り」が出たのは初めてです。

「たすき反り」大相撲 十両の宇良が珍しい決まり手 | NHKニュース

初場所も15日で中日。前半7日間で最も印象に残っているのは、4日目の十両宇良の取組だ。173センチ、128キロの自身より体重が56キロも重い豊響の突き押しを、土俵際で腹を突き出し弓なりになった場面には、観客だけでなく力士らも驚きを隠せず、支度部屋がどよめいた。

“宇良バウアー”に感嘆と心配 – 大相撲裏話 – 相撲・格闘技コラム : 日刊スポーツ

投げる方向とは逆方向に、首を持って切り返すようにひねると、青狼は背中から叩きつけられた。人生初という決まり手は、十両では2014年秋場所で徳真鵬が旭大星に決めて以来の大技。「狙っていたわけじゃない。とにかく倒そうということしか頭になかった」。土俵際のひらめきこそが真骨頂。来場所の新入幕へ幸先のいい連勝スタートを切った。

“宇良技”さく裂! 20種類目「首ひねり」で逆転勝ち― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

相撲のことはよくわからない僕ですが、この宇良の取組が単純に面白いんです。見てる側としては格闘技の試合を見てるような感覚と言いますか。なかなか表現するのは難しいですがとにかくおもしろい!みなさんのツイートも見てみてください。

色々な技を繰り出したりするのに惹きつけられるのは格闘ゲームやアニメなんかを思い起こさせるからでしょうか?

ところでこれだけ珍しい技を使うのであれば実況する方も大変ですよね。相撲には正式にいくつの技が存在するのでしょうか?

こちらを見ていただければわかりますが正式には82手あるそうですよ。

大相撲の決まり手一覧 – Wikipedia

宇良が十両初のたすき反りを決めた取り組みにこんなエピソードがあったようです。

NHKアナウンサーのプロ魂を見ましたね。

実況したNHKアナウンサーに反響

ネット上には、歴史に残る決まり手を出した宇良だけではなく、実況を担当していたNHKのアナウンサーを讃える声で溢れた。

実況していたのは、三瓶宏志(さんべこうし) アナウンサーだった。

大相撲初場所で宇良が見せた歴史的な珍技 ファンがさらに驚いたこととは? (BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース

しかし、宇良という力士はほんとおもしろくて、決まり手は押し出しと言われながらもタックルだろこれって感じだったり。

土俵際で仰け反ってのこった姿を宇良バウアーなんて呼ばれてたり。

何年ぶりかの珍技や幕下初の技なんかを出したり1場所でこれだけ話題になる人っていないんじゃないかなあ。しかも、今場所から大銀杏に結ったばかりだそうです。

じわじわとSNSYouTubeなんかで盛り上がっている気がします。これは今年、間違いなくブレイクしそうですねえ。

ある番組でも取り上げられてましたが、宇良の相撲は例えるならば「技のデパート」と呼ばれた舞の海。と思ったら本人は舞の海二世と呼ばれるのも嫌らしいです。舞の海さん自身も低い姿勢で攻めるのは似ているがスタイルは全然違うと言っていた。

これは、大物になる予感!

入門したての目標は、2年で十両と言っていたようですが、いよいよ今場所の結果次第では、幕内も夢ではないそうです。

十両優勝目指してがんばってほしいなあ。

(追記)

十両優勝争いのトップで並んでいた宇良は里山に敗れて4敗目。同じく3敗の大栄翔が勝ったため、惜しくも優勝を逃した。

宇良、十両Vならず 「優勝争い絡めただけでうれしい」:朝日新聞デジタル

よくがんばったぞー!来場所は更に楽しみにしてます。次は幕内ですね。いきなり優勝に絡んだらまた面白いけどなー。

(3月25日 追記)

本日、3月25日春場所が千秋楽を迎えました。過去記事のとおり宇良関は、幕内に昇進して地元大坂の春場所で幕内デビューを飾りました。

本日の結果は、こちらのとおり。

見事、逸ノ城に勝利し勝ち越しを決めました。粘り強かったですね。

今場所の見所は個人的にはこちらかなあ。

決まり手は送り出しですが、タックルにも見えますし何かしようという試みがあったように思えます。

やはり面白い。

また近々、追記したいと思います。

宇良の活躍は今後も追って行きたいと思います。

とにかくけがしないように次の場所も大相撲を盛り上げてください。

まだまだこれからが楽しみな力士。

ぜひ宇良をYouTubeで一度見てみてください。皆で応援しましょう!

(5月22日 追記)

大相撲夏場所九日目ですが今場所も宇良は絶好調のようですね。

宇良 “低空ジェット殺法”で勝ち越しに王手「気持ちで負けないようにした」 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

勝ち越しまではあと一勝とのこと!

間違いなく2場所連続の勝ち越しを達成してくれるでしょう!

そして、二桁勝利も成し遂げるかもしれませんね。

ますます宇良の知名度も上がると思います。がんばれー!

今場所も残り少ないですが、また沸かせるような技を狙っていってほしいですね。

コメントを残す