電子レンジでかんたんにヘルシーお好み焼きを作る方法!

SHARE

電子レンジでかんたんにヘルシーお好み焼きを作る方法!

皆さんこんにちは。

ダイエット中のさいちゃんです。今日は、ダイエットにも最適で一人暮らしを始めたばかりという料理初心者にもオススメな簡単なのに美味しいお好み焼きの作り方をご紹介したいと思います。

今回作るお好み焼きは、材料を用意するのもとっても簡単です。

まずは、お好み焼きに欠かせないものと言えばキャベツの千切りです。

これは、コンビニで売っているカットレタスを買って来てください。

これで切る手間も省くことができます。

コールスローでもいいですしミックスレタスでもいいです。

健康のことを考えるとミックスレタスが良いかもしれませんね。

次に粉!

お好み焼きと言えば粉ですね。小麦粉です。これがなければ始まりません。

しかし、糖質制限ダイエット中には小麦粉は御法度です。

ここは小麦粉はなしとします。

次に卵です。

これはお好みで1〜3個の間で入れてみてください。これが唯一粉の代わりにお好み焼きの身になる部分ですので。

あとは、豚肉のロースか僕の場合はシャウエッセンを入れてみました。この辺はお好みで火が通りやすいものを選んでください。

では、調理方法の説明です。

まずは、耐熱容器を用意します。

僕のオススメは、ジップコンテナです。

ミニマリストの必需品ですね。

このジップコンテナにまずは、コンビニで購入したカットレタスを入れます。

その上にブロッコリーやカリフラワー、アスパラなんか置いてもいいかもしれません。

僕は、ブロッコリーとえのきをたっぷり入れます。

更にシャウエッセンを乗せます。

最後に卵を落として黄身をつぶして広げてやります。

その上からちょっとアクセントにマジックソルトをふってみました。

まあこれはあってもなくても構いません。

あとはジップコンテナのふたをずらしてのせ、電子レンジに入れます。

時間は3分程で十分だと思います。

もやしを入れた時はわりとシャキシャキが残っていたので4分は加熱した方が良いかもしれません。

また、豚ロースも十分に熱を加えるために4分程加熱してください。

出来上がったら熱の通り具合も確認してみてくださいね。

すると卵もいい具合に固まり、お好み焼き風の出来上がり。

ここにソースとマヨネーズを掛ければまさにお好み焼きです。

からしマヨがおすすめですよ。

具もコーンを入れたり、ツナ缶を入れてみたりと色々アレンジしてみてください。

ダイエット中は、似たようなものばかり食べるのですぐに飽きてしまいますね。

色々な具材を使って飽きないような工夫が大事です。

ちなみにこれ、ソースとマヨネーズの代わりにごましゃぶのたれで食べれば、蒸し野菜に大変身です。掛けるソースやドレッシングでアレンジするのもオススメですのでぜひお試しあれ。

コメントを残す